第2弾!!母の日にブリザーブドフラワー『はな物語』

みなさん、こんにちは~!

5月11日は母の日ですね。何か、準備していますか~?

私は、結婚してからは、特別に母親には何もしていませんが、

結婚するまでずっと実家で過ごしてきたので、

小さい頃から、「肩たたき券」や「おてつだい券」など母親にプレゼントしてきました。

でも、やっぱり母親は花が好きなので、定番の「カーネーション」がよかったようです。

赤に合うように、カスミソウを一緒に・・・本当に定番ですね。

でも、お花の命は短くて、ちょっとさみしい気もしませんか?

今日紹介するのは、「ブリザーブドフラワー」です。

プリザーブドフラワーは本物なのに枯れないお花。

きれいなままで記念に残るお花なんですよ~!

作り方は、植物の一番美しいときに刈り取り、すぐに樹液を取り除き、

人体に無害な有機物と色素のプリザーブド液にひたし、

植物によって数時間から数日間、液を吸わせたもの。

色も一つ一つ微妙に違っており、均一ではなく、

アレンジメントなどに使っても、自然に見えて、しかも、高級感があります。

結婚式のブーケに使われたりもしていて、本当にきれい。

生花のようなみずみずしい姿を数年、保存状態がよければ10数年にもわたって楽しめるところが魅力なんですよ!

毎日休まずに働く、お母さんへの「感謝の気持ち」を、

今年の「母の日」には、

何年も枯れないプリザーブドフラワーをプレゼントして、記念に残しませんか?



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック